Microsoft365ってなに?

Microsoft365とはなにか?

みなさんMicrosoft365って何かご存知でしょうか?Microsoft365とは、マイクロソフト社が提供するWord、Excel、PowerPointなどのソフトや、ストレージサービスであるOneDrive、チャットやビデオ通話が可能なMicrosoft Teamsなどの機能が全て利用できる、サブスクリプションサービスのことです。

よく似た名前のもので、「Office365」がありますが、こちらはWordやExcelをはじめとするOffice系アプリケーションが利用できたり、Microsoft Teamsが利用できたりするという点ではMicrosoft365と共通しています。では、Office365とMicrosoft365の大きな違いはなんでしょうか?それは、「EMS」があるかないかの違いです。EMSがあることによって、セキュリティーが大幅に強化されるという強みがあります。現在Office365はMicrosoft365に含まれており、Microsoft365を利用すれば、Office365も利用可能です。

Microsoft365でできること

Microsoft365では3つのカテゴリーが設定されており、「家庭向け」、「一般企業向け」、「大企業向け」に大別されます。

どのカテゴリーにおいても、最新のOffice系アプリケーションの利用や、ストレージサービスが利用可能なOneDriveが利用できるようになっています。

一般企業向けでは、それらに加えて、社内外でチャットやビデオ通話が可能になるMicrosoft Teamsやファイル・情報共有などが可能なSharePoint、電子メールなどが利用できるExchangeといったサービスが付帯します。

また、大企業向けとしては、一般企業向けのプランに加え、Planner、Power BI Pro、EMSが付属します。

一般企業向けの3つのプラン

一般企業にとっておすすめのプランとして、次の3つが設定されています。

まず一つ目に、「Microsoft 365 Business Basic」(540円/月・年間契約)があります。このプランには、デスクトップ版のOffice系アプリケーションが付属していません。すでに買い切り版のOfficeを導入済みの企業がターゲットの中心となっており、その代わり会社のメンバー間で連携が取れるMicrosoft TeamsやSharePointが利用できるという点が大きな特徴です。

次に、「Microsoft 365 Business Standard」(1,360円/月・年間契約)というプランがあります。こちらは、一般企業向けプランの中でも最もスタンダードなものになります。先ほどのMicrosoft Team、SharePointに加えて、仕事をするうえで欠かせないWord、ExcelをはじめとするOffice系のアプリケ―ションも利用することが可能です。

3つ目として、「Microsoft 365 Business Premium」(2,180円/月・年間契約)というプランがあります。これは、一般企業向けのものの中でも、最上位のプランとなります。こちらは、Office系アプリケーションに加え、Microsoft Teams、SharePointのコミュニケーションツールに加え、「EMS」が搭載されています。この点が、他のプランとの大きな違いです。EMSを導入することで、より強固なセキュリティー環境を構築することができ、情報漏洩やウイルス対策などを強化したいと考えている企業にとって最適なプランと言えます。

企業でMicrosoft365を導入するメリットは?

サポート終了による入れ替えや更新作業が不要

買い切り版の場合、サポートが終了したソフトは自力で更新する必要がでてきますが、Microsoft365では更新作業は必要なく、新しいバージョンのものが出た際には自動でアップデートされます。

会社のメンバー間での連携がとりやすい

また、「グループ内での連携がとりやすい」というメリットもあります。会社の部署やチームにおいて、情報を共有したいといった場合、Microsoft Teamsが非常に有効です。

デバイス・OSが限定されない

PC版のみならず、モバイル版、Web版にも対応し、自身が利用しているデバイスやOSなどが限定されることなく利用できます。

安全性が高い

Microsoft365のセキュリティー面としては、非常に高い水準の安全性があるといえます。スパムなどの自動検出、データ漏洩などを防止するための機能など、セキュリティ機能が多数揃っているため、安心して利用することが可能です。