パソコンの「OS」が誕生する前、コンピューターは現代のように個人が一人につき1台、手にすることができるような道具ではなかったとされていおります。そこにはたくさんのハードルがあったようなのですが、その1つとして「マシン語」の理解があげられます。

「マシン語」とは、コンピューターに指示や命令を適切に伝えるための伝達ツールとされているようですが、OSが誕生する以前では、コンピューターを正しく操作するためには、このマシン語を理解しなくてはならなかったようです。マシン語を理解する一部の研究者たちなどにのみ、コンピューターは利用されていたようなのですが、OSの登場により複雑なマシン語を理解せずともコンピューターを操作することが出来るようになったことがパソコンの普及にもつながっているようなのです。