投稿

ディプレイ「4K」「8K」

テレビやパソコディスプレイを購入する際に、「4K」「8K」などの表示を数多くみかけるようになりましたが、「4K」「8K」は何をあらわしているのでしょうか。「4K」「8K」は画面の解像度のことをあらわし、フルHD以上の高密度な画面が表示できることになるようです。フルHDから比較いたしますと4Kは4倍、8Kは16倍の画素数になるようなのです。実際にディスプレイに表示される動画や画像の鮮明さは、もとのデータとなっているソースにもよりますが、8Kなどでは、リアルな鮮明さから実物を見ているかのようだと思われる方々も少なくないようです。またこのような高性能なディスプレイの機能として、画面分割機能が搭載されているケースでは、1台のディスプレイでマルチディスプレイのような画面表示が使用できるようなのです。進化を遂げるディスプレイの鮮明さは留まるところを知らないほどになってきました。実際にこのような高性能のディスプレイを使用する際には、データを出力するパソコンやデジタルソース、接続ケーブルなどによっても映し出される鮮明さは変わるようです。またディスプレイのスペックが高いことで、パソコン周辺が熱を帯びやすくもなるなどとされています。